Eclipse Oxygen で SVN プロジェクトをインポートして Validate Repository Location operation failed になったときのメモ

Eclipse Oxygen の Subversive プラグインSVN プロジェクトをインポートして Validate Repository Location operation failed になったときのメモ。

書くこと

  • 環境
  • 起こったこ
  • やったこ
  • 参考にしたページ

環境

起こったこ

SVN プロジェクトをインポートすると Validate Repository Location operation failed と表示され、インポートができない。

f:id:ebc_2in2crc:20171015002754p:plain

メッセージにしたがって Preferences > Team > SVN > SVN Connector タブの SVN Connector を確認すると、たしかに空欄になっている。しかし、GetConnectors ボタンからコネクターをインストールしても状況は変わらない。

やったこ

Help メニュー > Install New Software を選択して、Work with: 右の Add ボタンでリポジトリーを追加する。

f:id:ebc_2in2crc:20171015002838p:plain

Work with: で追加したリポジトリーを選択して必要なものをインストール。

f:id:ebc_2in2crc:20171016225105p:plain

これで SVN プロジェクトをインポートできるようになる。

参考にしたページ

stackoverflow.com

Mac の日本語入力ソース選択に Ctrl + Space を取られて Eclipse のコンテンツ・アシストが効かなかったときのメモ

Mac の日本語入力に Ctrl + Space を取られて Eclipse のコンテンツ・アシストが効かなかったときのメモ。

書くこと

環境

起こったこ

Ctrl + Space を押すと入力ソース (ひらがなとか英数とか) の選択表示になり、Eclipse のコンテンツ・アシストが効かない。

やったこ

システム環境設定 > キーボード > ショートカット > 入力ソースの「前の入力ソースを選択」と「入力ソースの次のソースを選択」のチェックを外す。
これで入力ソースの選択が効かなくなり、Eclipse のコンテンツ・アシストが効くようになる。

f:id:ebc_2in2crc:20171011143725p:plain:w500

Homebrew で MySQL のバージョンを指定してインストール

Homebrew で MySQL の古いバージョンをインストールしたときのメモ。

複数のバージョンをインストールするようなことは考慮していないので注意。

書くこと

環境

やったこ

インストールしたいバージョンがあるか確認

インストールしたい MySQL のバージョンがあるかを brew search で確認。

[shrimp]$ brew search mysql
==> Searching local taps...
automysqlbackup               mysql-cluster                 mysql-sandbox                 mysql@5.5
mysql                         mysql-connector-c             mysql-search-replace          mysql@5.6
mysql++                       mysql-connector-c++           mysql-utilities               mysqltuner
==> Searching taps on GitHub...
caskroom/cask/mysql-connector-python    caskroom/cask/mysql-shell               caskroom/cask/sqlpro-for-mysql
caskroom/cask/mysql-utilities           caskroom/cask/navicat-for-mysql
==> Searching blacklisted, migrated and deleted formulae...

ここでは MySQL の 5.5 と 5.6 の Formula があるので、5.6 をインストールしてみる。

brew install する

brew search で確認したバージョンを指定して brew install する。

[shrimp]$ brew install mysql@5.6
==> Downloading https://homebrew.bintray.com/bottles/mysql@5.6-5.6.37.sierra.bottle.tar.gz
######################################################################## 100.0%
==> Pouring mysql@5.6-5.6.37.sierra.bottle.tar.gz
==> Caveats
A "/etc/my.cnf" from another install may interfere with a Homebrew-built
server starting up correctly.

MySQL is configured to only allow connections from localhost by default

To connect:
    mysql -uroot

This formula is keg-only, which means it was not symlinked into /usr/local,
because this is an alternate version of another formula.

If you need to have this software first in your PATH run:
  echo 'export PATH="/usr/local/opt/mysql@5.6/bin:$PATH"' >> ~/.zshrc

For compilers to find this software you may need to set:
    LDFLAGS:  -L/usr/local/opt/mysql@5.6/lib
    CPPFLAGS: -I/usr/local/opt/mysql@5.6/include


To have launchd start mysql@5.6 now and restart at login:
  brew services start mysql@5.6
Or, if you don't want/need a background service you can just run:
  /usr/local/opt/mysql@5.6/bin/mysql.server start
==> Summary
🍺  /usr/local/Cellar/mysql@5.6/5.6.37: 345 files, 154.2MB

バージョンを確認

brew install でも出力されているけど、一応確認しておく。

[shrimp]$ /usr/local/opt/mysql@5.6/bin/mysql --version
/usr/local/opt/mysql@5.6/bin/mysql  Ver 14.14 Distrib 5.6.37, for osx10.12 (x86_64) using  EditLine wrapper

あとは必要な初期設定をしていく。

Mac のファンクションキーを標準的なファンクションキーとして使う

新しい Mac を使い始めてファンクションキーのデフォルト動作がなじまなかったときのメモ。

書くこと

  • 環境
  • Mac のファンクションキーのデフォルト動作
  • やったこ
  • 参考にしたページ

環境

Mac のファンクションキーのデフォルト動作

Apple サポート によると、Mac のファンクションキーのデフォルト動作は以下のようになっています。

デフォルトでは、これらのキーのいずれかを押すと、そのキーに印字されている記号が表す特殊な機能が実行されます。たとえば、スピーカーのマークが印字されているキーを押すと、音量を調整できます。
これらのキーを標準的なファンクションキーとして使う場合は、「fn」キー (通常、キーボードの左下にあります) を押しながらファンクションキーを押します。たとえば、「fn + F10」キー (スピーカーアイコンが刻印されているキー) を押すと、消音の入/切が切り替わるのではなく、「F10」キーに割り当てられた機能が実行されます。

個人的には後者の動きのほうがなじむので、そのように設定します。

やったこ

Apple サポート に書かれているとおりにするだけです。

1. Apple メニューの「システム環境設定」を選択します。
2.「キーボード」をクリックします。
3.「キーボード」タブがハイライトされていない場合は、クリックします。
4.「F1、F2 などのすべてのキーを標準のファンクションキーとして使用」を選択します。

Slack 俺俺チートシート

Slack を使い始めて便利だなと感じたショートカットキーをメモ。

今のところはナビゲーションとファイル・スニペット関連のショートカットのみ。

書くこと

  • 環境
  • よく使うショートカットキー
  • 参考にしたページ
  • ToDo

環境

よく使うショートカットキー

ナビゲーション

キー アクション
Command + / ショートカットキー一覧を表示
Command + K クイックスイッチャー
Option + ↑ 前のチャンネルや DM に移動
Option + ↓ 次のチャンネルや DM に移動
Option + Shift + ↑ 前の未読のチャンネルや DM に移動
Option + Shift + ↓ 次の未読のチャンネルや DM に移動
Command + [ 前のチャンネルや DM に戻る
Command + ] 次のチャンネルや DM に進む
メッセージの入力エリアにフォーカスがあるときに↑キーで自分の最後のメッセージへ移動 & 編集

ファイル・スニペット

キー アクション
Command + U ファイルをアップロード
Command + Shift + Enter スニペットを作成

表示関連

キー アクション
Command + + ズームイン
Command + - ズームアウト
fn + ↑ スクロールアップ
fn + ↓ スクロールダウン

参考にした / するページ

get.slack.help

get.slack.help

get.slack.help

ToDo

  • スラッシュコマンドを使ってみる
  • ナビゲーション以外のショートカットキーを使ってみる

TDDBC Tokyo 2017-09 に参加してきました #tddbc

TDDBC Tokyo 2017-09 - connpass に参加することができたのでメモ。

TDDBC ってなに?

TDD Boot Camp(TDDBC) とは、テスト駆動開発(Test Driven Development)について、座学だけでなく、実習形式で手を動かして体得することを目的とするイベントです。

実際に参加してみた感想としては、以下の要素がギュッと詰まった濃厚なイベントでした。

個人的には、ペアプログラミングを組み込んでいるのが素晴らしいと思いました。何事もそうですが、実践では座学どおりに進むことはめったになく、少なからず失敗しながら身につけていきます。1人よりも学習効果が高いペアプログラミングを組み込んだのは、2時間という限られた時間のなかで一定以上の成果を得るためのベストプラクティスかもしれません *1

基調講演

せとあず (Twitter ID: @setoazusa) さん

www.slideshare.net

TDD のエッセンスがギュッと詰まったフルスペック感漂う重量級の講演でした! スライドを見るだけでも大いに勉強になると思いましたが、熱いトークを聞くことができたのは参加した人の特権じゃないでしょうか :)

ペアプロデモ

ペアプログラミング実践の前に、YASUI Tsutomu (Twitter ID: @yattom) さんと よこち (Twitter ID: @chiiia12) さんによる、ペアプログラミングしながらテスト駆動開発するデモンストレーションがありました。

参加者はテスト駆動開発の経験がないのはもちろん、ペアプログラミングの経験もない人が多いです *2 そこで、実際にテスト駆動開発 + ペアプログラミングをライブで見ることができるのは、TDDBC に参加する大きなメリットだと感じました。特に引っかかることもなく淡々と進むのですが、とても丁寧かつ原則に忠実で、すごく分かりやすかったです。

ペアプロ

ペアプロのお題は セマンティック・バージョニング でした。

自分たちのペアは、ざっくりと相談して以下のような戦略をとることにしました。

  • テスト駆動開発を体験することを一義的な目標にする
  • 意見やアドバイスはためらわず言う
  • 今やる演習問題だけに集中する (先の演習問題は見ない)
  • 詰まったらペア交代 (第2ラウンドは5分のタイムボックスに変更)

第1ラウンドは、お互いの呼吸やベースとなるスキル・好みが分からずかなり苦戦した印象です。しかし、第2ラウンドでは第1ラウンドの経験が生き、お互いの呼吸が分かってくるにつれてリズムがよくなっていくのを感じることができました :)

また、「今やる演習問題だけに集中する (先の演習問題は見ない)」という戦略のおかげで、ついつい考えすぎてしまう落とし穴にはまることもなく、目の前のことに集中できたのは良かったと思います。特に、当初は「2.0.1a とかあるかもしれないし、バージョンはとりあえず文字列型で持っておこ〜」としていたのが、問題3で「ゼロ、または正の整数です」となったところで整数型として保持するように変更したときなど、「テスト書いておいてよかったよね〜」と、2人でニヤニヤしちゃいました。

コードレビュー

各ラウンド2ペア ✕ 2ラウンド = 4ペアがコードと戦略、実際の進み方を話して、他の参加者や TA さんがそれをレビューしました。

プログラミング言語フレームワークによって観点や戦略がまったく異なるものになってしまうのはもちろんですが、*3 同じプログラミング言語でもまったく異なる戦略で進めているペアもおり、「こんないいやり方もあるんだなあ」と知見を広められるのは、とてもよい体験でした。

懇親会

メインスケジュールが終わったあとは懇親会へ。

恒例 (らしいです) の LT 大会がすごい盛り上がりでした。個人的には、主催者の1人である PoohSunny (Twitter ID: @PoohSunny) さんがガチのマサカリ勢だと知ることができたのが大きな収穫でした。以後、態度にはよりいっそう気をつけたいと思います。

感想

パワーワード

  • 茶番
  • Spock 最高
  • IntelliJ IDEA 最高
  • その人は diff

参加者のレベルが高い

参加された方のレベルがすごく高かったです。ガチでレベルが高すぎて「本当に新兵?」「むしろ教官側では……」と感じることも何度となくありました。

運営スタッフさん

講演やデモ、ペアプロやコードレビューもとても良かったのですが、個人的には運営スタッフさんが素晴らしい仕事をされていたなあ、というのが強く印象に残りました。受付から、各プログラム間のつなぎの良さ、ディスカッションでの進行・意見入れ、滞ることがほとんどなく、参加者としてはずっと走りっぱなしだった印象です (ほめ言葉です)特に、ランチでは15人もの外食組が入れる美味しいお店を紹介していただいたおかげでプチ懇親会状態になり、午後のペアプログラミング実践に向けてモチベーションが高まったのが嬉しかったです。

まとめ

本当に久しぶりとなる勉強会への参加でしたが、朝の受付から懇親会までフルに楽しかったです!

自分はまだブートしたてですが、少なくとも前に進むキッカケをいただくことができたので、今後は新兵以外の形で TDDBC に関わっていくことを考えてみたいな、と思いました。

*1:テスト駆動開発ペアプログラミングも XP のプラクティスなので親和性も高い

*2:ですよね?

*3:たとえば、C 言語には "オブジェクト" はない

1人で始めた職場での改善活動1年間を振り返ってみたメモ

職場で勝手にやっている改善活動のメモを取り出してから1年たったので振り返ってみたメモ。

書くこと

  • 実際にやったこと
  • 変わったこと
  • 一番大きく変わったこと
  • まとめ

実際にやったこと

メモはハッシュタグ #俺俺改善活動 を付けて Twitter へツイートしていました。*1














変わったこと

  • ふりかえりが定着した
  • 勉強会が定着した
  • 必要を感じたら知見共有会を突発的に開催
  • 自動化 > 手順書 > なんとなくの口伝、が定着

一番大きく変わったこと

1人で始めた活動ですが、今はもうそんな雰囲気はなく、チームメンバー全員で改善活動をしている、というのが実態です。

改善そのものもですが、やっぱり、チームメンバーも少しずつ変わっていきました。なので、これが契機!というものはなかなかありませんが、その中でもふりかえりはインパクトが強かったようです。

特に、ふりかえりは自分を含めたチームメンバーに大きな影響を与えたと思います。
2週間ごとのふりかえりでは、「計画どおりに行かないのはなにが原因か」「ならば、なにをどのように変えていけばよいか」という雰囲気と意識が生まれました。そして、それを繰り返していくうちに、問題を個人のものとするのではなくチーム全体の問題として共有し、みんなで解決していこうという雰囲気が定着しました。「自分はスキルがないから…」という人も「自分にできることはないか?」と動いてくれるようになり、逆に「スキルがない人はちょっと黙ってて」と言っていた人 *2 が他の人の意見を求めるようになったりと…人によって程度は違いますが、それでも、ちょっと1年前からは考えられないくらい、メンバー全員が変わりました。もちろん、自分自身もです。

まとめ

改善活動に明確なゴールはないと思っています。なぜなら、ある目標を達成したとしても、翌日になってみるとそれが新たなスタートラインになっている、そう感じるからです。

改善活動に対するチームの今のスタンスは、「ときにはダレたりするかもしれないけど、できるだけペースを守ろう」「少しずつ進めていこう」です。というのは、急激な改善を行うと一時的には大きな成果が出るけれども、そう遠くないうちに無理が利かなくなり、息切れしてしまうことをみんなが実感しているので。このスタンスは今後もどんどん変わっていくかもしれませんが、今はこれがチームの共通理解となっています。

1年間を振り返ってみて、これからも改善活動を続けていきたい、そう思っています。

*1:あとで検索するのが楽なので

*2:実際、いるんですよね