dt に計算結果の日付が無効になったときの調整オプションを追加したメモ。

3/31の1ヶ月後が4/30になったり5/1になったりする 動きをオプションで指定できるようにしたメモ。

dt は5/1になる動きだったのを、4/30になるようにオプションで指定できるようにした。

$ dt "2018/01/31" +1M
2018/03/03


$ dt --adjust-day "2018/01/31" +1M
2018/02/28

こんな感じ。

ただ、複数月を1回で足すときと複数回に分けて足すときとでは最終的な結果が変わることには注意が必要かもしれない。

$ dt --adjust-day "2018/01/31" +2M
2018/03/31

$ dt --adjust-day "2018/01/31" +1M +1M
2018/03/28

github.com